マキアージュ ドラマティックルージュ 人気色

マキアージュ ドラマティックルージュ 人気色

 

資生堂は、2014年度から就任した魚谷雅彦社長のもと、ブランド力、マーケティング力を強化するためのマーケティング改革に取り組んでいる。その第3弾として、メーキャップブランド「マキアージュ」を新生「マキアージュ」として進化させる。顧客の意識調査、トレンド分析を徹底し、サイエンスを活用した、ワンランク上の美しさを提案するメーキャップブランドへと生まれ変わる。その皮切りとして美容オイル生まれの口紅「ドラマティックルージュ」(全1品目10品種)を11月21日から発売する。今後、2015年1月21日にはチーク&フェースカラーとフレグランス、2月21日にはファンデーションを発売、3月21日には「ドラマティックルージュ」の色調追加を行い、新生「マキアージュ」の間断ない市場導入を予定している。

 

マキアージュは進化するにあたり、女性の意識調査を実施した。
それによると、理想の女性像は、単なる「可愛さ」だけではなく、「華やか」、「艶っぽい(セクシー)」を取り入れた「ほのかな艶」を感じさせる女性へと変化していることがわかった。そこで、マキアージュは、「ほのかな艶」をいち早く取り入れた、20〜30代の美容やファッションに対して感度の高い女性をメインターゲットと設定し、時代の変化とともに浮かび上がった新しい女性像を「レディ」と名付けたという

 

美容オイルから生まれた口紅「マキアージュ ドラマティックルージュ」は、艶・保湿・持続の3つの効果を叶えた。下唇に2秒ほど当ててから全体に塗り広げることで、贅沢な美容オイルがとろけ出し、なめらかな美艶がつづく。

 

モデルは、水原希子さんの継続起用に加え、新たに長谷川潤さんを起用する。「レディにしあがれ。」をキャッチコピーに11月中旬からテレビCM、雑誌広告、WEB広告を展開する。店頭では、全国のドラッグストア、GMS、化粧品専門店、デパートの約1万1000店で販売する。併せて、資生堂ウェブサイト「ワタシプラス」でも販売する。